では、三本行ってみましょう。「一元論と多元論」

ものを一元論と多元論で考える人がいる。

一元論は、幸せ一元論ならまだいいが、その枠や膨らみが全体より小さいと窮屈で。

で、女がこれに陥りやすいんです。変な奴、性処理とかで一元論とかで、

まあ、私が遭った目は、わたしは、仕事を多岐多角になり、その酷使乱用を

地獄の鬼のようにこなしていました。そしたら、求めるのは報酬ですよね。当たり的して。

それを銀行や、親に話しても知らぬ存ぜぬ。頭の話、なんか、私の多元論を、一元論性処理で話をごまかし

私の金を奪った女たちがうじゃうじゃでたとか、そういう話が頭を這ったんです。

キモイ苦しいで、地獄でいまだに私にお金も報酬も、その鬼のような仕事ぶりに対する対価ままだです。

はぁ~~~!?

でした。