九州熊本震災

やっとIESホームページ完成致しました。やっと春らしくなりつつある、今日この頃ですが、九州熊本震災が起き、連日被災状況が報道されております。その後雨が降ったり、トイレ不足、プライバシーの不足、車内泊等の問題が出ており、被災者の方々が心配です。
そんな中、IES超規法では震災に付随する業務を執り行う、簡易会社や簡易企業の設置のご提案をしております。これは、やはり、手順や不手際不足、長引く被災状況を緩和するためにも、付随業務に組織化が必要である。長期化するボランティアに少しでも給与が発生すればよいのではないかという思いでご提案させていただいております。やはり何よりも大変なのは被災者、救援活動をなさる方々。その、困難と苦痛を少しでも緩和させるべきと思い、他にも何かできることはないかと模索しております。迅速に動かねばという思いです。
 被災地の皆様、どうか頑張って下さい。IESがもっと皆様のためにできることはないかと思案しております。支援者の皆様の暖かい言葉とご支援が望まれます。日本が九州熊本震災被災者のためにできること。より多くの励ましと支援が必要とされています。