難民と九州大震災へのご提案。

難民に配給が足りないなら、少しでも当日食べるようにしょうみ期限近いもので処分見込みを受け取り、配給するシステムを構築、難民キャンプ同志ネットワークして、リーダーを決めたり、無目的より、また、再生活していくレクチャー等を行うといいと思います。何事も前向きにさせること。また、栄養補給と衣食住を配給補給を大量に余っているところに目をつけ、支援をお願いする。そういう情報網をサイクル化して、連絡網を駆使して、難民を救済支援する。それをご提案させていただきます。移民先は、過疎地も場所としてその町にご提案する。地域活性などの役割を果たし、街の形成を助ける。治安維持もレクチャーに植えつけ、正しい移民と言う移民を育成するプログラムやプロジェクトを立てるとよいのではないかとご提案する。家は長引く避難生活は仮設住宅等を建設も予定する。

九州大震災被害者も被災難民として移住化計画もバラエティーに富んだ対策を打ち立てるといい。アイデアを出し合い、一旦本州で、土地が余っているところに目をつけ、被災者を受け入れる土地と建物を建設を義援金から賄い、あまりにも人数が多いので、倒壊家屋も多いので、着手着工を早急に手を打ち、プロジェクトを暦を大安日から発足して移住化計画者を募り、意見を吸い上げ、話し合いに参加させ、現地を視察を無料で行い、宿泊費も用意して、移住者と移住先の探索を行う。使わなくなったパソコン等を受け入れ無料パソコン所も設け、情報提供を行う。食糧配給も本州から大量に余るところに目をつけ、配給用として支援をお願いする。確かな正しい申し出を受け入れ、広告は、各町の市役所のホームページに協力企業、協力街、協力者として、掲載を早急に行うことを義務としてより良い関係と、明日と未来へつなぐ関係の構築を厳しいときでも行い、避難生活、厳しい生活の糧とすることをおススメする。また、掲載したならばご一報を掲載支援企業、支援者、等に入れてさらに現在と未来へと繋いでいくことを推奨する。九州だけじゃなく沖縄や近隣各島、本州各市町村ホームページに被災者受け入れ所と連絡先を掲載して、い被災者に随時情報提供することを推奨する。簡易情報局を設けて、災害情報と癒しと憩いと被災者の生活とメンタルをケアと生活のはかりに役立てる。被災者を受け入れたい各市町村は、各市町村と連絡を取り途絶えないように、実現可能なようにプロジェクトを立ち上げ働きかけ、連日被災者救済のために、様々なアイデアと必要な人材を募りプロジェクト大安から立ち上げ成功させることをご提案する。聞きたい時に聞けるようにこのことは随時。この難民と被災者の支援と援助プログラムとシステムとネットワークを難民と被災者全員取りもこぼさず行われるプロジェクトを大安日から随時発足させ、運営していくことをご提案する。必要なら提案をシステム化することを、IESではそれで大丈夫ですと言います。それと一日も早い救済プロジェクトが最後の難民者と被災者まで滞りなく助かり続けることをお祈り申し上げます。